2012年06月01日

Old Sketches "E.T.~Extraterrestrial Life~"

Other_Planet_lifes_001.jpg

タイトル:地球外生物
もうね、笑ってください笑。なにコイツ的な生き物登場。
昔描いた絵ですが、描いた時の精神状態がやや心配になるような絵描いちゃってます。

でも大丈夫。地球外の生き物を描くという事は、色々と常識を捨てないといけないんですね。
実際のほかの星には、この絵のように意味不明な生き物がいるはず(多分)。とりあえず、ブッ飛んでる位の方が良い。これ位の絵なんてまだ序の口です。まだ人間っぽい形している方です。

映画や漫画に出てくるような宇宙生物像は人に受け入れられやすいように「何所かで見た事のあるような生き物」になっている事が多いですね。超大作映画「AVATAR」はSF映画の中でも、特に力を入れて生物像が考案されていましたが、前述の配慮により、どの生物も地球上の生物を焼きまわしたデザインになっていますね。想像してみてください、AVATAR相手が↑の絵のような生き物だったら、おそらくクソ映画になっていたところでしょう。まず恋には落ちないですね。多分。

リアリティのある宇宙生物を考えるには、地球上の生物の事は一旦忘れ、その生物が住んでいる環境、生態系、文化を一から考える必要があります。さらに生物の形がどのように形作られているか知る事も大事ですね。深海魚の項にも書きましたが、そういう事をあーだこーだ考えながら描くのが楽しいのが地球外生物のデザインです。

あとタイトルのE.T.というのは、地球外生命体の略であの映画のとは違います。期待した人スミマセン。
タグ:E.T. Sketch Alien
posted by 6666 at 13:14| Comment(0) | 架空の生物[SF Creature]

2012年05月31日

Ols Sketches "Four Eyes Great Shark"

Shark_001s.jpg

タイトル:四つ目があるサメ
海洋生物の形状は奇想天外で、かつ美しい。
サメほど大きいと水の抵抗に打ち勝つために洗練されたフォルムになっていて、スポーツカーや航空機にも似た美しさを持っていて子供の頃から大好きでした。実際に出会ったら間違いなく逃げますけどね笑。

この絵は、そんなサメを勝手に発展(?)させて無駄に視力を増加させています。
今思うと、あまり理屈考えて無かったなぁ。適当。
食物連鎖の頂上に居る奴は、そこまで視力を高める必要はあまりないはず。只でさえサメは鋭い嗅覚と電波で獲物を感知してます。きっと深海系のサメという事で、周囲の光を集めるために・・・とかいう理屈だったかも。と考えると、上から色んな物が降ってくる深海において、顔全体が下を向いてるのは何だろうか。多くの深海魚は口が上を向いてます。下を向いた口で地表を漁るとしたら割と下流な存在かも知れない・・・などと色々考えながら描くのが楽しいですね、生物の絵は。

しかし、これよりもっと楽しく、想像力を鍛えられる題材があります。
それは言わずもがな「宇宙生物」!これはまた別の機会に。

画材:シャープペン 0.5芯
作画時期:2001〜2005年(曖昧)
posted by 6666 at 10:52| Comment(0) | 架空の生物[SF Creature]

2012年05月30日

"Car exterior" Original 20120530

120530_Car_01.jpg

“車の外観デザイン”
適当に車を描いてみたら、何所かで見た事のあるような、ゴツいワゴン車が出来上がりました。
(もう少し目的を持って描いた方が良いかもしれない)このブログにアップされる絵が、基本シャープペンや鉛筆、黒いペンによるものが多いので、彩りを与える上でも派手に赤色にカラーリングしてみたら、やっぱDODGEとかVOLVOにしか見えない。

ちなみに専門的に車のデザインやった事ないので、描き方は適当です。
プロから見たら色々突っ込まれるんだろうな。ホイールベースとか適当も適当。
とは言っても車の絵を描くのは、業界が絵に特化してるので、絵の勉強には良いですね。
世界中の車デザイン専業の方のスケッチを色々見たり、トレーニングで(適当に)描いたりしてるので何となくソレらしい絵は描けるようになってきました。昔は本当に酷い絵しか描けなかったけど、回数こなして何とか人に見せられる位にはなったでしょうか。

作画環境:Autodesk Sketchbook PRO + Wacom Intuos3

2012年05月29日

"Demolisher" by Transformers finished

MASSGRAPH010.jpg

120531_demolisher2..jpg

映画トランスフォーマー2で登場した、巨大ショベルカーに変形するデモリッシャー!
今までみた変形ロボで最も「想像を超えた」姿をしている化け物。
キャタピラーをひん曲げてタイヤ型にするだけでも凄い発想なのに、上下に分けて一輪車のような風貌にさせるなんて、どんなイマジネーションだろうか。映画内でも巨大建機で超重量級のはずなのに軽やかに動く様は感動的でした。

この絵はちょっと不思議な画風でしょ?
作画方法の実験をしてたら、思ってたより上手く仕上がってきたので途中経過ですがアップ。
これからもっと細部を描く予定です。
→細部を描き進めてみました。2012年05月31日更新


原理は一般絵画でいう「印象派」と同じく、目に入ってくる色や光を率直に描きます。
輪郭線をきっちり描いて、一つ一つ色を重ねていくのではなく、ドンドン色を置いていく感じ・・・全く伝わらないってね。チュートリアル動画とか撮れれば分り易いんだろうか。この方法で、色々描いて見ますので、また別の絵を描くときに途中経過を入れてみよう。

作画環境:Autodesk Sketchbook PRO + Wacom Intuos3
posted by 6666 at 09:28| Comment(0) | 架空のメカ[SF Machine]

2012年05月28日

Old Sketches "Anti Bio Mask"

Mask_001.jpg

タイトル:対化学兵器用マスク
とか名前書いてますが、単純に気持ち悪くて美しい防護マスクを描きたかっただけ。
マスクの類は、人の顔面に装着する製品のため、顔が備えている機能(視力とか)を疎外しない工夫が必要で、快適性の確保や場合によってはテクノロジーで拡大させたりする必要もあったりと、シビアな要求が多い。(実際は嗅覚を無視したものもあるけど、本当にシビアな状況で使うマスクは、装着しながら飲食できるものもあった記憶が)
その結果できてくる製品外観は、人間の各機能を備えながらも全く別の表情を見せるようになり、まるで宇宙人の顔です。この絵では、意図的でないにしろ「宇宙人」を作り出しがちなマスクデザインをさらに誇張し、最初から生き物を描くつもりで描いてます。

このマスクは実際の人の顔の位置より、かなり前方に突出しています。
この突出した分、色んな機械が詰まっています。よほど外界から顔を遮断する必要のある状況で使わないといけないマスクなのです。舌のところとか冷静に考えると絶対要らないですが、きっと何かのセンサーだ、とか、水分をろ過して飲むためのポンプとフィルターだ、などと言ってしまうのです。

画材:シャープペン 0.5芯
作画時期:2001〜2005年(曖昧)
posted by 6666 at 09:24| Comment(0) | 架空のメカ[SF Machine]