2012年06月05日

"VENOM" by Spiderman

120605_Venom2006.jpg
【Base Sketch】Paper + Copic Pigment Liner

120605_Venom2006_2.jpg
【Paint】Autodesk Sketchbook Pro

タイトル:VENOM(スパイダーマンに登場するキャラクター)
これも昔のスケッチです。
サムライミ監督による映画SPIDERMANは全世界の男子(の心を持つ人)に大人気でしたが、この映画が出る以前から「エイリアン」みたいに牙むき出しのこのキャラクターに惚れ込んでおりまして、このスケッチを描いた当時(2006年)は遂にVENOMが映画に出るという噂が流れ歓喜して描いたものです。

ハリウッド版スパイダーマンの特徴は、原作がコミックであるためファンタジックで無茶苦茶な風貌をしたキャラクターが多いところを何とか現実的に成り立たせるために「科学技術の産物」「軍事兵器」という設定として緻密にデザインされていました。空飛ぶ鬼「グリーンゴブリン」というキャラはコミックではどこからどう見てもただの「緑色した鬼」なのですが、映画では単独飛行できる軍用モビリティに搭乗するための次世代コンバットスーツに身を包んだ兵士、という形で表現されていてハリウッドのデザイン力に唸ったものです。

さて、VENOMは原作では「ゲル状の宇宙生物が人にまとわりついて出来たキャラ」というブッ飛んだ設定なのですが、そんな設定で映画化したら現実的じゃなかろうと思い「人の筋力を増強するためのバイオテクノロジーによるスーツ」という設定を仮定して描きました。

ところが待望の登場作「Spider-man 3」が公開されると、何のヒネリも無くあっさりと「宇宙生物」として登場し、腰を抜かした記憶があります。
posted by 6666 at 11:49| Comment(0) | 架空の生物[SF Creature]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: