2013年12月15日

"Gipsy Danger" Pacific Rim

2013年2月から久々のアップロードになります。
この間、PCの環境をガラッと変更していまして自宅での作業が停滞しておりました。
おかげさまで充実した環境が整いました。

メインPCは2004年から使い続けていて、化石化寸前だったWINDOWS XPデスクトップPCから、Macbook Pro Retina 15inchに大きく進化。ものすごい進化でして軽自動車から電気自動車のスポーツカーに乗り換えたような気分です。高速かつ静音。具体的には以下のような進化。

CPU Pentium4 2.8GHz シングルコア → Core i7 2.6GHzクアッドコア
メモリ 4GB → 16GB
ペンタブ WACOM Intuos 3(板タブ 2004年製)→ WACOM CINTIQ 13HD(液タブ 2013年製)
ソフト Adobe Photoshop 6 → CS6(ver13) Illustrator 8 → CS6(Ver16)

Sketch_Equipment.jpg


悲願の液晶ペンタブを導入しましたので、作画の効率が向上しました!
試しに描いたGipsy Dangerは参考画像を見ながら3時間程度で作画。
初めて描いたので、環境に慣れるのに少し時間がかかりましたが快適そのもの!涙が出そうです!!

1312_gipsydanger.jpg

また、作画次第どんどんアップしていこうと思います。

2013年02月16日

Drawing Trial "ALIEN" #FINAL

前回のつづきです→
Drawing Trial "ALIEN" #1
Drawing Trial "ALIEN" #2
Drawing Trial "ALIEN" #3



4回にわたって連載した、『エイリアン』を題材にした電車指スケッチトライアル。
ついに今回で最終回、完成に至ります。
では早速。



1302_alien09.jpg
9アップ目:片道一本分(14分)
もはや何所が更新されたか分りづらいですよね。
この時は手の細部を描き入れてます。


1302_alien10.jpg
10アップ目:片道一本分(14分)
さらに手の細部を描き入れ、ツメを黒く塗ったり、
腰、脚周りをセクシーにしたりと変態的なディテールアップをいたしました。

この時に事件が!!
電車内で描いてたら、隣に座っていたカップルに絵を見られたらしく…
『あれ。見て見て見て!!キモイ!!ヤバイ!!』みたいな事を言われました。
いやはやスケッチャー冥利に尽きますw。
もし気になった方がいらっしゃたら、是非お気軽にお声かけくださいませ
(こんなの描いてたら声かけづらいってね)




さあ、以上の経緯を踏まえた完成版はこちらです。





1302_alien11fin.jpg
10アップ目『完成』:自宅にて(約30分)
クリックして、拡大版もご覧くださいませ。

全体のスタイル、陰影を再調整しハイライトを描き足しています。
これまで段階的に見て頂いている訳なので、それほど驚きは無いかも知れませんが如何でしょうか。
細部の描き込みは果てしなくできる作業なので、これ以上描き込み続ける事も出来ますが、ここで一旦完成とさせて下さい。

ちなみに最初から描き上がりまで、オリジナルのエイリアンの絵は一切見ておりません。
全て記憶で描いております。ディテールへのツッコミは是非ご容赦をば!
(実は、描き終えた後でオリジナルの絵を見て答え合わせするのが楽しかったりします。)


1302_alien11fin_L.jpg
一応、アップに耐えられる位に描き込んでいます。
歯の金属光沢が難しい。
スマホはキャンバスとしてはとても小さいので、実際はこの画像よりももっと拡大しきって描いています。


1302_alien.gif
スタートから完成までを連続で見るとこんな感じです。



あとがき

さて、如何でしたでしょうか。
自分は、かれこれこういうスケッチを5年位やってるんですが、今回のように段階的に絵を保存して経過を見るのは自分も初めての試みでしたので、とても面白かったです。
↑の連続画像を見ると、結構迷ったり手戻りしているところがあって興味深いですね。
もっと努力すべき点が見えてきます。今後もこういうトライをしてみようと思います。

ざっと描画時間を計算しますと、トータルで約180分(約3時間)となりました。
振り返ってみると結構な時間描いてるなーと、感じますが一回づつの作画時間は14分以下です。
通勤電車でちょいちょい描いてると、これ位の大きな時間を獲得出来るんですね。
1週間分の通勤時間で3時間位の創作時間が稼げますからね。

ちなみに自分は、絵を描く時間がなかなかプライベート時間中に取れなくなっていたので、こういう手法に行き着いたんです。家や職場でじっくり描けるなら、こういう事はしなくても良いかも知れないですが、常に持ち歩けるスマホをキャンバスにする事で、ちょっとした空き時間を創作活動に充てられるのは有り難いことですね。

あと、スマホで描いてる上で難しいなぁ、と思ったところは色についてですね。
これは機種や液晶性能によるところでしょうが、PCで画像を開いて見てビックリ!という事ばかりでした。
黒く塗っていたと思ったら、グレーだったり、もっとコントラスト高い状態かと思ったらボンヤリしていたり。この辺は、細かいコーナーを作って検証をしていこうと思います。


では。長くなりましたがあとがきでした。
こういった連載企画は今後もやりたいと思いますので、是非ちょいちょいチェックしに来てくださいませ。
また幸いにも絵を気に入って頂けた方がいましたら、是非交流いたしましょう!

2013年02月14日

Drawing Trial "ALIEN" #3

前回のつづきです→
Drawing Trial "ALIEN" #1
Drawing Trial "ALIEN" #2


平日になり、通勤…つまりスケッチタイム再開です!
その名も電車指スケッチトライアル(ダサい名称なのにまだ言う)!

あと、ひとつ補足。
今まで片道分の時間表記20分と書いてましたが…
実測したら10分位でした!ナビタイム先生は14分と仰ってます(急行は12分)。
思ってたより早かった!とりあえず、ナビタイム先生の数値を採用して表記したいと思います。


1302_alien06.jpg
6アップ目:片道一本分(14分)
全身の陰影を改めて追加。前回より暗くトーンダウンさせています。
これは、最後の仕上げにいろいろとハイライトを足すためです。
あとシルエットも見直してます。
エイリアンはこれ、一応女性がモチーフなんですよね。
なので、腕を細く、ボディラインをスラっとさせてみました。


1302_alien07.jpg
7アップ目:片道一本分(14分)
頭部にピカッと光沢を入れました。
内側の造形をあらかじめ描いておくことによって透明のドームであることが表現されます。
あと、分りづらいですが質感を高める作業をしています。
肩に細かい表面の凹凸を描き始めました。
手数が多くなるわりに描く線が緻密なので作業進行が分りづらくなってきています。



1302_alien08.jpg
8アップ目:1往復分(28分)
ひたすら表面の質感を緻密に描き足します。
ところでエイリアンの周りが黒ではなく、グレーの部分が多い事に気が付きましたか?
これ、スマホで描いている時は黒く塗りつぶしていたつもりでいました。
スマホが表現できる画像階調がいかにざっくりしているかが分るかと思います。(機種によるでしょうが)
あと電車内の光環境はどうしても朝は眩しいです(地上を走る路線なので)
この辺は最後のアップ時に、PC上でしっかりと画質調整して締めたいと思います。


おそらく、次アップがラスト。今週中に電車エイリアンさん完成の見込みです。
次回、最終回へ続く→Drawing Trial "ALIEN" #FINAL

2013年02月11日

Drawing Trial "ALIEN" #2

前回のつづきです→Drawing Trial "ALIEN" #1

まだ完成してませんが、電車指スケッチトライアル(名前がダサい)の続きです!


1302_alien04.jpg
4アップ目:片道一本分(約12分)
急行に乗ったので描画時間が若干短縮されますw
これも会社の帰路に描いた段階。
頭部のドームに手を入れます。
エイリアンを描く上でこのドーム内の造形をスルーする事は出来ません。
異星の生物であるのに、人骨と同じ造形があるという衝撃的な部分であって、
その由来に想像を掻き立てる仕掛けになる部分だからです。


1302_alien05.jpg
5アップ目:休日突入したため自宅にて(約20分)
この辺は、ちょっと自宅で描いちゃいました。
全身を見ながらディテールを描き足していきます。
あと、この段階で一旦、陰影のバランスを調製しました。
今までの経緯を見て頂くと、3DCGのレンダリングを知っている人であれば、
それと似た絵の描き方をしているのが分るかと思います。
全体の大まかなフォルムにボンヤリ光を当て、段階的に解像度を上げていく感じです。


この時点で未だ完成に至ってませんが、今週中には完成すると思います
Drawing Trial "ALIEN" #3へ続く→Drawing Trial "ALIEN" #3

2013年02月09日

Drawing Trial "ALIEN" #1

先ず最初に。
今回紹介するのは、スマホ(Xperia NX)+スケッチアプリ「Autodesk Sketchbook」+指による作画。
作画に関して、以下のような簡単なルールを設定しています。

ルール1:描くのは通勤電車乗車中(片道約14分)
ルール2:電車を下車した際に経過保存

と言いつつ、描き始めた当初はあまり強く決めてもいなかったので、
若干家の中で描いたときもチラホラ。その点は併記しておくようにします。
今回は作画の経過が分るように段階的にアップしていこうと思います。
ちなみにこの記事を描いてる時点では、まだ完成しておりません!
追記していき、完成に向かいます。どうぞお楽しみに!


1302_alien01.jpg
1アップ目:これは1駅間(約2分で描いたもの)
帰宅途中の家につく前に、突然思いついて描き始めた奴。
こんな感じで作画スタート。
淡く、光を感じ取ってくださいませ。


1302_alien02.jpg
2アップ目:片道一本分(約14分)
会社に向かう緊張感の中でw
電車に差し込む強烈な朝日が敵。
ボンヤリしていた1アップ目の絵を少し詳細化。


1302_alien03.jpg
3アップ目:片道一本分(約14分)
会社帰りのまったり感に包まれながら。
混雑している中、一目も気にせず描きまくり。
ディテールを描きはじめる。


次回へつづく→Drawing Trial "ALIEN" #2